大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科

医療ロボティクス研究室(河合研)

Medical Robotics Laboratory (Kawai Lab.)

Department of Robotics, Faculty of Robotics & Design, Osaka Institute of Technology


Members

<本研究室への配属を希望する学生へ>

本研究室では,人が作業領域から離れてリモート操作するロボットに対し, 人と同じ空間に存在し,人と共存協調して作業を行えるローカル操作型のロボットを研究しています. センシング能力に優れる人と,安定した作業に優れるロボットのいいとこ取りです. 現在の適用対象は外科手術です.
詳しくは,Researchタブを見てください.

河合研の年間スケジュールやロボット群の動画はこちら(oit.ac.jpアカウントでアクセスできます)

3年生の仮配属(後期授業)では,メカトロニクスの実践技術の取得を通じて,卒業研究に向けた素養を学びます. 具体的には,4年生の先輩(メンター)の指導を受けながら,マンツーマンにて各テーマの課題に取り組み, 部材やデバイスを選定する,システムを構築する,実験する,という目線でまとめ授業にて発表します.

卒業研究では,マニピュレータ(機械電気系),インタフェース(情報制御系),画像認識(数学知能系)からテーマを決めます(一人一テーマ). 大学院研究では,オリジナルのアイデアで,自ら研究を進め,国内外の学会で発表すると共に共同研究者と議論します. 大学院への進学を希望する学生は,個別にメールをください.

研究指導は,毎週の研究ゼミでの進捗報告(院生は更に個別打合せ),期末報告会,学生主体の技術・論文輪講,学外研究者との連携, を通じて行います.挨拶をする,メモをとる,〆切を守る,といった社会人スキルも指導します.

工学部では,今も昔も,研究室が居所,すなわち住処となります.飲み会もあります. 研究室の文化は,学生自らが作り出すので,趣きは毎年ことなります.

学生諸君は,アクティビティ高く,何事にも積極的に取り組んでください. 学生時代は,たくさん失敗できます.果敢にチャレンジして,失敗しながら,楽しんで学びましょう.

研究時間を自己管理し,得手不得手を知ることも大切です. 研究とプライベートのバランスよい学生生活を送ってくれるよう願っています.

子曰、学而不思則罔、思而不学則殆。(論語,為政第二,第十五)
「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」
                                          河合俊和



Copyright (C) Medical Robotics Lab. All Rights Reserved.